2014年11月15日土曜日

Mobile Chrome AppsのiOSエミュレータ

Mobile Chrome Appsを試してみる。
 https://github.com/MobileChromeApps/mobile-chrome-apps
に記述されている通りにして、Androidでは実機/エミュレータともアプリを実行できました。
iOSエミュレータで1箇所引っかかったので記録。

上記ページに従って、
cca emulate ios
を実行するとエラーが発生

/Users/xxx/work/HelloWorld/platforms/ios/cordova/run: line 159: 14161 Segmentation fault: 11  ios-sim launch "$SIMULATOR_APP_PATH" --stderr "$CORDOVA_PATH/console.log" --stdout "$CORDOVA_PATH/console.log" $TARGET_FLAG --exit
Error: /Users/xxx/work/HelloWorld/platforms/ios/cordova/run: Command failed with exit code 139
    at ChildProcess.whenDone(/Users/xxx/.nodebrew/node/v0.10.33/lib/node_modules/cca/node_modules/cordova-lib/src/cordova/superspawn.js:135:23)
    at ChildProcess.emit (events.js:98:17)
    at maybeClose (child_process.js:756:16)
    at Process.ChildProcess._handle.onexit (child_process.js:823:5)

検索すると、ios-simのreadme
に記載があり、 tmuxにはreattach-to-user-namespaceが必要とのこと。
brew install reattach-to-user-namespace
でインストールして、スクリプト
 platforms/ios/cordova/run
の行
ios-sim launch "$SIMULATOR_APP_PATH" --stderr "$CORDOVA_PATH/console.log" --stdout "$CORDOVA_PATH/console.log" $TARGET_FLAG --exit
を修正。
reattach-to-user-namespace ios-sim launch "$SIMULATOR_APP_PATH" --stderr "$CORDOVA_PATH/console.log" --stdout "$CORDOVA_PATH/console.log" $TARGET_FLAG --exit
これで動きました。

0 件のコメント:

コメントを投稿